So-net無料ブログ作成
検索選択
前の10件 | -

桜通線延伸開通の前の様子 [桜通線]

3月27日に延伸開通する桜通線。
CA3D2011.JPG

開通記念イベントは、3月11日に発生した東北・関東大震災の影響により中止となりました。
CA3D2107.JPG
このほかの行事は予定通り行われるそうです。

桜通線では、ホーム転落防止のホームドアの取り付け作業が中村区役所駅から
順次行われてます。
画像は、名古屋駅。 行き先表示が野並となってます。
PAP_2043-1.jpg

PAP_2045.JPG

桜通線新規開業区間は、開業時よりホームドアが設置されてます。
一番最後の野並は予定では7月ごろとなっています。

開業前の鳴子北駅のようす。
まだ駅名が隠されてます。
CA3D2108.JPG

鳴子北駅には、もともと野並車庫があり、この駅には、バスターミナルが新設されます。
開通前は、野並駅から出ていた市営バスのほとんどは開通後、鳴子北駅のバスターミナル
からに変更されるそうです。

野並駅から開通区間への回送電車
桜通線は、ワンマン運転のため、運行の訓練のためなのでしょう。
CA3D2110.JPG

CA3D2106.JPG
野並駅 1番線の行き先表示が開通区間のため隠されてます。

この開通区間は、乗客がかなり多くなりそうです。
今後の名古屋市営地下鉄の建設区間はどこになるのか気になります。
nice!(1)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:ニュース

桜通線 野並~徳重間2011年3月27日開通 [桜通線]

桜通線で建設が進んでいる野並から徳重間が

2011年3月27日開通します。

野並→鳴子北→相生山→神沢→徳重

徳重から名古屋駅までは35分で結ばれることになります。

名古屋市緑区ではじめての地下鉄となります。
人口は、中川区を抜いて、緑区が一番多くなりました。

開通区間は、壁面オブジェクトがあるのかが気になります。

CA3D2011.JPG

桜通線カテゴリー記事

桜通線すべての駅に壁面オブジェクトがあります。

  • 2ヶ所壁画がある2007年時点での終点「野並駅」
  • 鶴里駅
  • 桜本町駅
  • 新瑞橋 あらたまばし駅
  • 瑞穂運動場西駅
  • 一枚の壁画で四季を描いている瑞穂区役所駅
  • 名古屋市博物館の最寄り駅で壁画が3箇所ある桜山駅
  • 御器所 ごきそ駅
  • 走らないで! 吹上駅
  • オブジェが2ヶ所ある今池駅
  • 車道 くるまみち 駅
  • 400匹の動物が隠れている高岳駅
  • 駅の構造模型とつぼが展示してある久屋大通駅
  • 丸の内駅
  • 国際センター駅
  • 土木学会技術賞を受賞した名古屋駅
  • 中村区役所駅

  • nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
    共通テーマ:旅行

    このブログは、愛知県のお出かけ日記のバックアップブログです

    このブログは、「ブログ民」というブログサービスが閉鎖となるため、ソネットブログへ
    記事データを写してきました。

    ソネットブログ記事の日付は、ブログ民「愛知県のお出かけ日記」での日付にしてあります。


    名城線 市役所駅にある名古屋城の壁画 [東山線・名城線]

    名古屋市営地下鉄 名城線 市役所駅構内にある 

    名古屋城内郭絵図 です。

    市役所駅の壁画設置場所です。
    地図をクリックルスと大きくなります。


    クリックすると大きくなります。
    名古屋城内郭絵図1.jpg

    尾張徳川家初代義直、寛永末期の1640年から
    2代光友1670年ごろの名古屋城の状態です。
    名古屋城内郭絵図2.jpg


    名古屋城内郭絵図3.jpg
    説明が、壁画左上にありましたが、携帯撮影しても
    文字が見えませんでした。

    名古屋城では今、本丸御殿を再建する計画があります。
    上の画像の大きいお城があるところの、すぐ右下の場所です。
    下のサイトに詳しく書かれています。
    http://www.nagoyajo.naka.nagoya.jp/goten/restorkifu.html


    名古屋市営地下鉄東山線 東山公園駅ホームにある動物の壁画 [東山線・名城線]

    今日の記事は、東山線 東山公園駅のホームにある動物の壁画です。

    東山公園駅は、東山動植物園の最寄り駅です。
    地図クリックすると大きくなります。
     

    東山動植物公園入り口.jpg
    東山動植物公園の入り口です。
    4月15日 日曜日の夕方に撮影しました。

    東山公園駅のホームに動物の壁画が描かれてます。
    壁画1.jpg
    コアラです。

    壁画2.jpg
    キリンさん

    壁画3.jpg

    壁画4.jpg

    このほかにも動物の壁画があり、
    駅のホームに、動物壁画の説明板があります。


    名城線 栄駅にある 昭和54年3月に設置されたステンドグラス [東山線・名城線]

    今日の記事は、名城線栄駅北側改札口(セントラルパーク側)
    にあるステンドグラスです。
    ステンドグラス1.jpg

    ステンドグラス2.jpg

    ステンドグラス3.jpg

    説明.jpg
    小さいステンドグラスですが、きれいでした。


    昭和42年11月に設置された東山線名古屋駅の壁画 [東山線・名城線]

    東山線名古屋駅 高畑寄り改札口に近いところに

    昭和42年11月設置の壁画がありました。
    東山線名古屋駅壁画.jpg

    説明.jpg

    壁画1.jpg

    壁画2.jpg
    地下鉄路線図と当時の国鉄路線図、名古屋市域図?

    ウィキペディアで地下鉄の開通時期を調べたところ、
    上の画像は、開業区間と計画(建設中?)区間がありました。

    昭和42年当時開業していたのは
    東山線名古屋駅から星が丘駅間と
    名城線 金山駅から市役所駅間です。

    壁画3.jpg

    人が通ってないときを見計らって撮影しました。


    2ヶ所ある2007年時点での終点「野並駅」 [桜通線]

    桜通線壁面アートシリーズ 野並駅です。

    野並駅には、2ヶ所あります。

    大きい地図・ルート検索  ( powered by ゼンリン地図 いつもNAVI )  

    野並交差点.jpg
    野並交差点です。
    上の地図で、愛昇殿という葬儀専用貸しホールと
    マクドナルドの道を右方向へ延長工事中です。

    桜通線 停車駅案内。
    桜通線案内図.jpg

    野並駅の壁面アートは、近くにある
    ボーンチャイナで知られている「鳴海製陶」寄贈品です

    WHITE CONCEPTION
    鳴海製陶の最高級磁器ボーンチャイナの
    特殊施釉品にて制作されてます
    デザイン:川村秀樹
    平成6年3月
    説明.jpg

    クリックで大きくなります。
    WHITE CONCEPTION .jpg

    WHITE CONCEPTION 1.jpg

    確かに磁器でできてました。
    設置場所は、改札口の中のコンコースにあります。


    もう1ヶ所は、改札口を出て、階段を上がったところにあります。

    野並駅の壁面アートは、ガラスが曇っていてよく見えません。

    童里-夢(どりーむ)
    名古屋市の花「ゆり」は、ルネッサンスの
    殿堂フィレンツェのシンボルでもある。
    また、聖母マリアの聖花ともいわれる
    ゆりの花をモチーフにして、真実の「愛」を
    テーマニ平和の夢を描いてみる。

    童里-夢.jpg

    オブジェ.jpg

    桜通線の野並駅~徳重(とくしげ)駅間の延長工事が完成するのは、
    2010年度の予定です。


    nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
    共通テーマ:地域

    鶴里駅 [桜通線]

    桜通線 壁画シリーズは、残り鶴里駅と野並駅の2駅となりました。


    大きい地図・ルート検索  ( powered by ゼンリン地図 いつもNAVI ) 壁画のタイトルは、

    人々の肖像

    この壁画は、住宅地として駅のイメージシンボルを
    「この地に住まう人々」とし、
    深い絆と愛情で結ばれた家族の姿を、表現してます。
    説明.jpg

    人々の肖像.jpg
    設置場所は、改札口の中にあります。
    改札口.jpg
    次回は、2007年3月時点での桜通線終点の野並駅です。


    nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
    共通テーマ:地域

    桜本町駅 [桜通線]

    桜通線 桜本町駅の壁面アート

    大きい地図・ルート検索  ( powered by ゼンリン地図 いつもNAVI )


    Japanesque Sakura-hommachi Wall
    この壁画は、帯、紐、毬、といった日本古来の
    形をモチーフとし悠久の流れ、時代の移り変わり、
    そしてそれを繋いでゆく人々の姿を描いたものです。

    説明.jpg

    オブジェ.jpg

    この駅も芸術的です。

    設置場所は、改札口の中のコンコースにあります。


    nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
    共通テーマ:地域
    前の10件 | -

    この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。