So-net無料ブログ作成
検索選択

駅の構造模型とつぼが展示してある久屋大通駅 [桜通線]

桜通線 久屋大通駅の壁面アートです。

久屋大通駅は、名城線と交差していて、桜通線が開業したときに
名城線の久屋大通駅が新設されました。

この駅は、名城線の栄駅から久屋大通駅まで、地下街「セントラルパーク」で
歩いて行けます。

また、テレビ塔も近くにあります。

画像はすべてクリックすると大きくなります。
出入り口1.jpg


久屋大通駅の壁面アートです。
壁画.jpg

設置場所は、セントラルパークアネックス側の名城線改札口にあります。


大きい地図・ルート検索  ( powered by ゼンリン地図 いつもNAVI )

下の画像は、最寄出入り口です。
出入り口2.jpg

桜通線 久屋大通駅のホームには、
駅の構造模型と壺が置いてあります。

画像はすべてクリックすると大きくなります。
つぼ.jpg
奥に写っているのが桜通線の電車です。

つぼ説明.jpg
(追加:画像をクリックするとこの壺の説明があります)

この志野花器は、地下鉄桜通線の建設中に桜通り(呉服町)の
地下20メートル付近で出土した粘土を用いて、山口重信氏
(東海伝統工芸会会員)が制作し、桜通線の開通記念として
本市に寄贈されたものです。
平成元年9月

と書いてありました。

呉服町は、久屋大通駅近くにある「桜通呉服」
という交差点付近のことだと思います。


駅構造模型1.jpg
久屋大通駅の構造模型です。

駅構造模型2.jpg

駅構造模型3.jpg

この模型の制作費はいくらだったのでしょうか?
結構かかっているような・・・。

ちょうどバブル景気のときに開通したので、
このような模型が作られたのでしょうか?。
実際のところはわかりません。

駅の構造模型があるのは、たぶん
桜通線の久屋大通駅だけだと思います


nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:地域

nice! 0

コメント 0

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

トラックバック 0

この記事のトラックバックURL:
※ブログオーナーが承認したトラックバックのみ表示されます。